『残夢童女 石牟礼道子追悼文集』(平凡社) – 著者: 石牟礼道子資料保存会 – 平松 洋子による書評

書評総合

『残夢童女』(平凡社) 著者:石牟礼道子資料保存会
ここにはいない人を引き寄せ その人は誰だったかを考え抜く
2018年2月に逝去した石牟礼道子を悼む文を編んだ一冊である。もう二年経ったのかと思い、まだ二年とも思い、しかし、歳月や距離などを超えて、こちらが求めればつねに身近に寄り添うのが石牟礼道子なのだと、あらためて思う。 38人による、38の追悼文。一編一編に接してまず感じるのは、石牟礼道子という存在のはかりしれなさである。言葉をあてがうと、大事な何かが逃げてゆくような心許なさ、肝心なものを取り逃がす怖れの感覚。そのうえで38人が38人とも自身の言葉をもって手向けとする、敬慕のおこないとしての追悼文だ。三章によって構成される。1「傍にて」。すぐそばで過ごした12人がそれぞれに石牟礼道子を語るのだが、冒頭、最大の理解者である思想史家・評論家の渡辺京二の言葉に触れ、粛然とする。
僕は「あなた方にお任せします」という気持ちでいる。みなさんの石牟礼道子です。(中略)「石牟礼道子のことは俺が一番分かっとっとぞ」という気持ちは全然ない。(中略)いま考えてみると、僕の手に負える人じゃなかったと思う。つまり天地から言葉を預かっている人。そういう存在はめったにいるもんじゃないから。
石牟礼道子資料保存会事務局長、阿南満昭「ワガママ、気まぐれ、思いつき大明神」。長男、道生「もう悶えないでゆっくりやすんでください、母さん」。あるいは、パートの女性による危篤から逝去までの二日間のなまなましい記録。新聞記者、熊本市内の書店店主、身辺の世話を13年にわたって引き受けてきた女性…&hell

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました