【書評:1691冊目】日曜の夜、明日からまた会社かと思った時に読む40の物語(西沢泰生)

書評総合
【憂鬱は、変化する好機!】
作家・西沢泰生氏が、『日曜の夜、明日からまた会社かと思った時に読む40の物語』と題して、40本の著名人のエピソードと名言から、仕事の見方が180度変わるヒントを伝授する一冊。
rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="156ac3d8.7dbe6d34.156ac3d9.a3b3ebc6";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="300x160";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1504596303285";
■書籍の紹介文
休日明けの朝。
気持ちは、元気ですか?憂鬱ですか?
 
本書は、仕事に対する憂鬱感を充実感へと変えるべく、著名人のエピソードと名言を通して、変化の「きっかけ」となるヒントを伝授する一冊。
 
サザエさん症候群。
日曜日の夕方、サザエさんがはじまると、「もう休日が終わってしまう…仕事か…嫌だな…」と憂鬱な気分になることを比喩する言葉です。
 
時間換算すると、人生の約半分は仕事をしています。
そんな膨大な時間を、憂鬱な気分で過ごすのかと想像すると背筋が寒くなります。
 
では、なぜ憂鬱な気分を感じてしまうの

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました