だぶだぶぞうさん #リトルゴールデンブック

絵本の書評と感想

JUGEMテーマ:海外の名作絵本


 



 

リトルゴールデンブックにも、もちろんぞうさんの絵本はあります。

「だぶだぶぞうさん(The Saggy Baggy Elephant)」、

リトルゴールデンブックを代表する超ロングセラーです。

 

日本語のタイトルは Tote が勝手につけました。Saggy baggy = たれてだぶついた感じ? baggy はバギーパンツのバギーです。

主役はく Sooki というぞうさんです。

 

Sooki はジャングルでひとりぼっち。他のぞうに会ったことがなく、自分がどんな種類の動物なのか知りません。

 

ひとりぼっちだけど、毎日陽気におどったりしています。ある日、オウムに「きみの皮はすっごくだぶだぶだね!」と笑われてしまいます。

 



 

「これってかっこわるいのかな?どうすれば、体にぴったりするんだろう?」となやんでいたら、トラに出会います。

 

「君の皮は体にぴったりしていて、すごくカッコいいね!どうすれば、そんな風になれるの?」とトラに聞くと、

 



 

トラは「ぼくが君のだぶついている皮を食いちぎれば、ぴったりするよ!」これを聞いてとんで逃げる Sooki。

トラはうしろ姿だけの登場なんですが、このユーモラスなかけあいで存在感が強まります。

この絵本の初版発行は1947年。何十回

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました