あさくさ食堂 訪問レポート 〜 鎌倉駅前 創業大正13年の超老舗は昼飲みパラダイス!何もかも美味くて安い!! [鎌倉グルメ]

書評総合
鎌倉駅東口を出てすぐのところにある「あさくさ食堂」というお店に行ってきたのでご紹介しよう。
この「あさくさ食堂」は大正13年創業という超老舗だ。
もともと東京浅草の田原町で洋食店を経営していた初代店主が関東大震災でお店が倒壊したため、当時弟さんが暮らしていた鎌倉に身を寄せ、鎌倉の地で再びお店を出したのが創業のきっかけとのこと。
そして当時は移住前の土地を名乗る風習があったため、移転前の土地を店名にして「あさくさ食堂」となったそうだ。
駅前のお店なので何度も前を通っていたが、なかなか入る機会がなかった。
そのことをFacebookに書いたところ、「行きたい」と名乗り出てくれた方が現れ、昼飲みすることになった。
予想以上に素晴らしいお店で、ここはリピート確定。
さすが創業96年、生き残っているのには理由がある。
さっそく紹介しよう。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

あさくさ食堂 基本情報
あさくさ食堂 お店の外観
▲ やってきました、あさくさ食堂。
大通の若宮大路と裏側両側に出入り口がある。
 
▲ ショーケースも看板も、まるで昭和にタイムスリップしたような雰囲気だ。
あさくさ食堂 店内の様子
▲ 外からだと薄暗く見えるのだが、中に入ると落ち着いて明るい雰囲気。
テレビがついていて、音も出ているのはちょっと微妙だっだ。
特にコロナ速報のワイドショーだったので余計に。
あさくさ食堂 メニュー
▲ 飲み物のメニュー。
ビール、日本酒、焼酎など。
 
▲ 続いては酎ハ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました