『地図とグラフで見る第2次世界大戦』(原書房) – 著者: ヴァンサン・ベルナール,ニコラ・オーバン – ジャン・ロペズによる前書き

書評総合

『地図とグラフで見る第2次世界大戦』(原書房) 著者:ヴァンサン・ベルナール,ニコラ・オーバン
第2次世界大戦に関しては、すでに膨大なデータが集められています。そうしたデータはきわめて重要なものですが、それに意味を与え、多くの人々にそうしたデータの意味を正しく伝えるのは簡単なことではありません。本書は、各国の一級資料を歴史家のアプローチで参照することによって、利用可能な大量のデータを取り上げ、できるだけ多くの人々に理解してもらえる形態を考案することは目指しました。そして選択されたのがグラフィックという形です。データを視覚化することにより知識は新たなものとなり、戦争の大きな流れを、複雑な現象を簡単に理解できるようになりました。これまでばらばらだった戦争のさまざまな側面を関係づけることができたのです。本書は、「物資と兵員」「兵器と軍隊」「戦闘と作戦」「損失と断層」という4部形式で、石油供給のバランス、歩兵師団とは何かといった約60の主要テーマを取り上げ、バルバロッサ作戦や、ヨーロッパにおける連合軍の兵站、アメリカ軍の太平洋戦域奪回、ナチの強制収容所のシステム、自由フランス軍の波乱に満ちた戦歴、砂漠の戦争など、第2次世界大戦のあらゆる内容を、わかりやすくオリジナリティーにあふれた美しいグラフィックで再考しています。かつてない視覚的レファレンス『地図とグラフで見る第2次世界大戦』の「はじめに」を公開します。
第2次世界大戦のグラフィック
終戦からすでに多くの時間が流れたが、第2次世界大戦については、流れた時間以上に多くの書物が書かれてきた。しかしこの書物の洪水も、史上最大の戦争の中心

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました