『宇宙・肉体・悪魔【新版】――理性的精神の敵について』(みすず書房) – 著者: J・D・バナール – 瀬名 秀明による解説

書評総合

『宇宙・肉体・悪魔【新版】――理性的精神の敵について』(みすず書房) 著者:J・D・バナール
1929年に、物理学者バナールが27歳で発表した人類未来論の名著『宇宙・肉体・悪魔』。アーサー・C・クラークをはじめ、のちのSF作家に大きな影響を与えた本書の新版刊行に際し、作家・瀬名秀明氏による解説を抜粋してお届けします。
アーサー・C・クラークらSF作家に大きな影響を与えた「人類未来論」が切り開くヴィジョンとは
「SFとは未来の文学である」──このように述べるとき、ここにはふたつの意味が重なっている。ひとつは「未来を舞台とした文学である」という側面、もうひとつは「未来を切り拓く文学である」という側面である。学生時代に友人から「賢人」(セージ)と渾名された本書の著者J・D・バナールは、まさにこのふたつの側面を生涯見据え、追求し続けた科学者であったと思う(セージとはバナールの出身地アイルランドの象徴色、香辛料セージの緑色も掛けている)。バナールはX線結晶構造解析のパイオニアであり、分子生物学の礎を築いた。だが彼は同時に、科学と科学者の果たすべき社会的責任をつねに考え、未来をつくろうとした思想家、活動家でもあった。すなわち今日の言葉でいえばヴィジョナリストだった。本書『宇宙・肉体・悪魔(The World, the Fresh and the Devil)』は、バーナード・ショーやH・G・ウェルズを読んで育ったバナールが、1929年に初めて著した書物だ。私たち人間には物理的、身体的、社会心理学的制約があるが、いずれ人類は重力の壁を振り切って宇宙へ進出し、自ら肉体を改造、または機械と一体

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました