「ちっちゃくてかわいい先輩が大好きなので一日三回照れさせたい 1」五十嵐雄策 電撃文庫

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは五十嵐雄策さんの「ちっちゃくてかわいい先輩が大好きなので一日三回照れさせたい 1」です!ストーリー A内容は、放送部の部長である花梨先輩はとても綺麗ば美の持ち主!しかしその正体は身長150センチにも満たない小さな体と素の声は鈴を鳴らしたみたいにかわいい美少女ボイスの持ち主だった?ある理由から花梨先輩を1日3回喜ばせたい龍之介は今日も花梨先輩を照れさせるために奮闘するが…とこんな感じです!〜ちっちゃくてかわいい先輩がかわいい!〜五十嵐雄策さんの新作!とにかく先輩がかわいくてかわいくて終始悶えまくりなラブコメでした!面白かったです!物語はちっこくてめっちゃかわいい花梨先輩と龍之介のかけあいを中心に進んでいきます!花梨先輩が先輩ぶってふふん♪という感じで先輩っぽくしたところで龍之介が先輩のことをかわいい声が綺麗と言って褒めて照れさせる…おいおい…なんだこの糖度120%の甘々は…花梨先輩が照れてにゃあにゃあするたびに汚い現実で汚れきった心が浄化されていく音が聞こえました…最高か?そんな花梨先輩と放送部として一緒にお昼の放送をしたり、発生の練習をしたり、時には街にデートしたり…色んな場所で色んなシチュエーションでひたすら花梨先輩がかわいいの本当に最高です… 途中、放送部にスタイル抜群な舞原さんという新入部員が来たり、花梨先輩の友達である真衣先輩がちょっかいかけてきたりと2人の掛け合いに緩急があるのもグッド!終盤はちょっと花梨先輩がピンチになりましたが、龍之介がしっかり

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました