『チョウが語る自然史―南九州・琉球をめぐって―』(南方新社) – 著者: 福田 晴夫 – 養老 孟司による書評

書評総合

『チョウが語る自然史―南九州・琉球をめぐって―』(南方新社) 著者:福田 晴夫
なぜ、そこに生涯かけ追い求め
南九州から琉球にかけての、チョウから見た自然の記述である。著者は地元の鹿児島で高校教師を長く務め、その傍らチョウの調査に励み、日本蝶類学会会長であった。現在八十六歳、評者の四年先輩にあたる。チョウを調べる人生の総まとめ、畢生(ひっせい)の労作と言うべきであろう。この書評欄で普通に紹介するような本ではない。多くの人にとって、ごく特殊な話題と感じられるだろうし、文体はゴツゴツして、著者の鹿児島訛りがそのまま聞こえてくるようである。地方創生が広く言われるこの時代だが、ひたすら「チョウはなぜここにいるのか、なぜいないのか」を生涯にわたって地元で追い続けた人生を、どれだけの人が真に共感し、理解するであろうか。全体は三部構成で、第一部は「南九州と鹿児島県本土」、第二部は「南西諸島」、第三部は「ヒトが来た」である。最初の二部が分けられているのは当然で、世界的な生物分布からすれば、鹿児島県本土からトカラ列島の一部まではいわゆる旧北区、それ以南は東洋区に属すからである。第三部は自然に対するヒトの影響がいかに深刻かを論じ、今後どうすべきかまで、とくに教育の視点から語っている。第一部序章はアサギマダラの移動から始まる。このチョウは春に南から発生して北上し、秋には北で発生したものが南下する。琉球生まれのチョウが、時には長野や関東まで、千キロを超えて移動する。この事実が判明したのは著者らの努力によるところが大きい。アサギマダラの翅(はね)にマークをつけて放蝶する。マークされた個体を誰かがどこか

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました