意味が分かると『しびれる短歌』

書評総合
この短歌、あなたは、どう感じるだろうか?ほんとうはあなたは無呼吸症候群おしえないまま隣でねむる鈴木美紀子同室で枕を並べる夫婦なのに、少なくとも妻は冷めきっているのが分かる。「ほんとうはあなたは」で、夫の寝息がおかしいことに気づいてから、結構な日数が経っている。おそらく、就寝中の夫の寝息がおかしいことに気づいて、ネットか何かで調べ、「無呼吸症候群」に辿り着いたのだろう。放っておいたら、そのまま息をしなくなるかもしれない。それも織り込み済みで、「おしえない」。ずっと息をしないようなら、「おしえない」まま目を閉じて、朝まで待つのではないかと、ぞっとする(「教えない」と漢字にしないところに、淡々とした意志を感じる)。夫婦はホラーだ。これなんかもそう。湯上りに倒れた夫見つけてもドライヤーかけて救急車待つだろう横山ひろこ風呂上りのヒートショックで、夫が脳卒中を起こしたのか。この場合、「おしえない」のは犯罪なので一応、救急車は呼ぶ。だけど、待っている間は髪を乾かす。寝かせるぐらいしか応急処置はないからだ。冷静なのか非情なのか。性別逆転すると石を投げられそう。東直子さんと穂村弘さん、二人の歌人が紹介する『しびれる短歌』では、ヒヤりとするような歌がいくつも出てくる。現代の短歌では、夫は粗大ゴミであり、ぬれ落ち葉として扱われるらしい。「断捨離で最も捨てたいのは夫!」なんて涙を禁じ得ぬ。これなんて、ぞっとするだけでなく、物語を感じる。家族の誰かが「自首 減刑」で検索をしていたパソコンがまだ温かい小坂井大輔この家では、パソコンを共用していることが分かる。さらに、「検索」という言葉から GoogleやY

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました