『進化考古学の大冒険』(新潮社) – 著者: 松木 武彦 – 五味 文彦による書評

書評総合

『進化考古学の大冒険』(新潮社) 著者:松木 武彦
土器の「美」の変遷から捉え直す人類史
考古学への関心は年々高まっている。その高まりは、一つには新たな遺跡・遺物の発見にある。新発見によって歴史がこう書き換えられるといったトピックが、人々に興味をかきたて刺激をあたえてきた。しかしこれらは、実際はよくよく検討してみないとわからないことが多く、時に捏造などの不祥事を招く起因ともなってきたのである。これに対してもう一つの高まりといえるのが周辺諸科学の研究の進展に基づくもの。本書はその諸科学の発展から見えてきた「進化考古学」を論じ、その冒険に船出しようという気宇壮大な試みである。進化といっても、これはその時々の社会的・自然的な環境に適応した形のものが伝えられてゆくことを意味するもので、必ずしも進歩や発展を意味しない。その試みは何よりも日本列島の、限られた時代の考古学に視野を閉じ込めるのではなく、広く人類史の視点から考察することにある。旧石器時代以前から人類がいかに進化の過程を辿(たど)ってきたのかを探り、その動きや流れのなかから縄文時代や弥生時代、古墳時代を捉え直してゆくのである。それならば、これまでにも行なわれてきたというかもしれないが、これまでと違うのは、人の心の問題をとりあげ、認知諸科学の成果を援用して、人類史の流れを整理し、新たな知見を提出しているところである。たとえば、石器などの道具に心の変化を探り、美しいと感じることがどう変化してきたかを考え、集団生活にともなう身体や脳の変化について考えてゆこうとする。認知に関(かか)わる脳科学の成果に基づいて、モノとそれをとりまく社会現

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました