『アラビアン・ナイトメア』(国書刊行会) – 著者: ロバート・アーウィン – 豊崎 由美による書評

書評総合

『アラビアン・ナイトメア』(国書刊行会) 著者:ロバート・アーウィン
国書刊行会は偉い。売り上げが期待できないから大手出版社が腰を引くような通好みの傑作を、外国語に不自由な小説ファンのためにコツコツ翻訳出版してくれる国書刊行会は偉いっ! 折に触れては各所で絶賛しているわたしなのだけれど、またもやってくれた、というか出してくださいました、〈文学の冒険〉シリーズから瞠目にして刮目の一冊を。ロバート・アーウィンの『アラビアン・ナイトメア』。八十三年の発表以来、「カルト小説の決定版らしい」と、ポストモダン小説愛好家の間では長らく噂ばかりが興奮気味に飛び交っていた幻の傑作を、ついに、ついについについに読めるこの喜びを、まずは故郷の母に伝えたい、そんな感じなんである。舞台は十五世紀のカイロ。物語の中心人物の一人であるイギリス人青年バリアンは、聖地巡礼団の一員としてこの地を訪れたのだが、実は、彼にはもうひとつの貌(かお)がある。それはスパイ。ところが、到着早々、バリアンは寝ている最中に出血するという原因不明の奇病に冒され、任務遂行に支障をきたしてしまう。悪夢が毎晩訪れても朝になるとその夢を忘れてしまい、毎夜毎夜、終わりのない苦しみが続くという〈アラビアの悪夢〉を筆頭に、色んな悪夢病が蔓延し、陰謀が渦巻くカイロを夢遊病者のようにさまようバリアン。謎のイギリス人ヴェインに誘われて、悪夢を治療してくれるという眠りの館の主〈猫の父〉に面会するものの――。と、ここまでは物語のほんのさわりにすぎない。性技のテクニシャンである娼婦ズレイカや、カイロ一の語り部ヨルとその仲間など、様々な人物の思惑や、『千一

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました