マヌエル・プイグ『ブエノスアイレス事件』(白水社)、『天使の恥部』(白水社)、『この書を読む者に永遠の呪いあれ』(現代企画室) – 野谷 文昭による作家論/作家紹介

書評総合
永遠の謎を残して逝った――。マヌエル・プイグのアルゼンチン的な客死。
マヌエル・プイグが七月二十二日、メキシコで急逝した。サン・マルティン、ガルデル、コルタサル、ボルヘスを先例とするアルゼチン的な死、すなわち客死を遂げたのが印象的だ(ALLREVIEWS事務局注:本書評執筆時期は1990年)。一九七三年、『ブエノスアイレス事件』によってブラックリストに載った彼は亡命の道を選び、以後二度と祖国の土を踏むことはなかった。スペインの亡命作家が祖国のことしか考えないのと違って、アルゼンチンの作家は亡命を新たな現実として巧みに受け入れることができる。根無し草性が身についているのだろう。もちろんこれは極論だが、客死の歴史を見ると、そう思わざるをえない。ことにプイグの場合、『天使の恥部』や『この書を読む者に永遠の呪いあれ』がそうだが、亡命者を登場させる作品を書くことで、亡命をプラスに転化してしまうのだ。この才能はおそらくラテンアメリカ作家の中でも類まれといえるだろう。メキシコに長く住むガルシア=マルケスはメキシコを舞台にした作品を書かない。十七年間のヨーロッパ体験があり、一年の半分をロンドンで暮らすバルガス=リョサが書くのは常にラテンアメリ力の現実である。だったらドノソがスペイン体験を作品にしているし、アレナスがニューヨークを舞台にした小説を最近書いたではないかと言われるかもしれない。確かにそうなのだが、プイグの小説はちょっと違う。彼は亡命者のノスタルジーやアイデンティティ・クライシスなどには関心を示さないし、ラテンアメリカの命運などという壮大なテーマに取り組むわけでもない。彼の興味はもっぱ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました