『時が止まった部屋:遺品整理人がミニチュアで伝える孤独死のはなし』(原書房) – 著者: 小島 美羽 – 小島美羽による本文抜粋

書評総合

『時が止まった部屋:遺品整理人がミニチュアで伝える孤独死のはなし』(原書房) 著者:小島 美羽
「孤独死は誰にでも起こりうる」これまで700件以上の孤独死の現場を特殊清掃してきた27歳の遺品整理人・小島美羽さんは、その現実を世に知ってもらいたい一心で、4年前から自身が訪れた現場の特徴をミニチュアで再現するようになった……。先日(2020年6月21日)、小島さんを取材した「ザ・ノンフィクション――孤独死の向こう側~27歳の遺品整理人~」(フジテレビ)が放送された。昨年(2019年)夏に刊行された『時が止まった部屋:遺品整理人がミニチュアで伝える孤独死のはなし』(小島美羽著/原書房刊)がふたたび注目されている。凄惨な現場にも行き会うことも少なくないこの仕事を20代の女性がなぜ選び、ミニチュアを作り続けるのか。国内だけでなく、海外メディアからの取材も絶えない筆者が、これまでの取材では語り切れなかった想いを初めて綴った本書から第1章「音信不通の父親」を公開する。
部屋に散乱する生活ゴミと中年男性の孤独死
独身で実家での一人暮らし。両親は他界。無職。部屋には馬券などギャンブルのはずれ券や新聞が大量に散乱。飲みかけの一升瓶や大量のカップ酒の容器、山となったコンビニ弁当の空き容器……。五、六十代男性。発見されるのは、死後三~六か月。発見者は、害虫の増加や異臭などの異変に気づいたアパートの大家さんや、水道メーター検針員、新聞配達員。これが、わたしが訪れた孤独死の現場で、最も多いケースだ。部屋の住人は、社会との関わりを自ら断ってしまってい

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました