「勇者は魔王の門番人 ~ブラックな勇者業辞めて、ホワイトな魔王の下で働きます~」鉄乃蜘蛛 HJ文庫

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは鉄乃蜘蛛さんの「勇者は魔王の門番人 ~ブラックな勇者業辞めて、ホワイトな魔王の下で働きます~」です!ストーリー A内容は、魔王を討伐するべく旅をしてきた勇者一行。彼らは魔王城にたどり着き魔王と対峙するが、魔王はなんと超美少女?しかも魔王は戦わずに勇者たちにここに住まないかと提案してくる。勇者たちは魔王城の門番をしながら美少女魔王と共に過ごすことになるが…とこんな感じです!〜勇者が魔王を倒さない〜参加させていただいているHJ文庫公式レビュアープログラムの作品です。短いながらも勇者と魔王のハイテンションな掛け合いが楽しいファンタジーコメディでした!物語は勇者一行が魔王城にやってくるところから始まります。過酷な旅でボロボロな勇者たち。そんな彼らを出迎えたのは超美少女魔王!彼女は勇者たちの姿を見てそんなブラックな仕事はやめて魔王城で門番をしろといい…勇者と魔王ものは色々ありますけど、こうして魔王が美少女で魔王城で門番をしろというのは新鮮味がありますね。そして始まる美少女魔王との魔王城ライフ。魔王の文明的な暮らしに触れ勇者に戻れなくなっていく勇者たち。ハイテンションな掛け合いと勇者たちが門番として冒険者たちを追い返していく描写は読んでいて楽しかったですね。途中お色気要素を入れつつ最後まで突っ走った感のあるストーリーでした。短いながらも読んでいて楽しい作品でした!キャラ A勇者の優柔不断っぷりは見ていて楽しかったですね。先頭になると急にカッコよくなるのもツボでした。美少

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました