『コールド・ファイア〈上〉』(文藝春秋) – 著者: ディーン・R. クーンツ – 高橋 源一郎による書評

書評総合

『コールド・ファイア〈上〉』(文藝春秋) 著者:ディーン・R. クーンツ
クーンツの「最後に愛は(正義もだけど)勝つ」
わたしはいまイギリス、ニューマーケットでこれを書いている(ALL REVIEWS事務局注:本書評執筆時期は1996年)。ニューマーケットといえば競馬の聖地で、それ故、イヤでも馬券を買ったり、その馬券を「くそっ!」と呻き声をあげながら破いたりしなければならない。大変だ。さて、こちらではここ数日、No.1騎手フランキー・デットーリくんの引き起こした事件で大騒ぎである。九月二十八日の土曜日、アスコットという競馬場で、デットーリくんはその日の全レース七つに騎乗した上に、七つともすべて勝ってしまうという競馬史に残る快挙をなし遂げた。しかし、話題になったのはそのデットーリくんの偉業の方ではなく、それに関連したギャンブルの方。日本と違いイギリスではさまざまな馬券を売っている。その中には、その日の全レースの勝ち馬を的中させろという馬券もある。一つのレースだって当たらないのだ、こんなのが当たるわけがない。しかし、運命のこの日、デットーリくんの馬ばかり買っていた人が何人も現れ、大変なことになってしまったのである。問題の馬券の倍率はざっと二万五千倍。日本でいうところの「万馬券」だって僅か百倍だ。とにかく、この天文学的な確率の馬券を当てたばかりか、ドカンと買って、一億円手に入れた人がいた。三十代の若い夫婦、イエイツ夫妻である。新聞によれば「当たる気がしてなりませんでした」と夫のダレンさん。「これで人生が変わります。夫を愛しています」と妻のアンナレイさん。目も当てられない(?)ハッピ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました