爆風の中ランニングして全身砂まみれになったり 読書10分するまでが仕事と定義してみた一日 [日記 2020.7.7]

書評総合
2020年7月7日(火)の日記。
2日間の誕生日旅行が無事終わり、今日からが51歳の「褻の日」がスタート。
51歳の一年間はいろんなことを「始める」ことになると思う。
その準備として、少しずつ負荷を高くしていきたいと思い、読書を復活させることにした。
10分本を読むまでは飲んではいけないというルールを設定してみた。
さて機能するかな?


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

今日の一面TOP
10分読書をするまでは飲んではいけない & 飲み始めの時刻を記録する
僕は早寝早起きで早朝から仕事をするので、仕事が終わるのも早い。
遅くても17時半までには仕事を終えているし、もっと早い日もある。
で、仕事が終わったらワインを飲み始めるのだが、読書を復活させるためにマイルールを設定。
ルール1. 仕事が終わっても読書を10分するまではアルコールを飲んではいけない。
ルール2. 飲み始める時刻をiPhoneで写真を撮ることで記録する。
僕はお酒が入ると文章を書くことも読むことも、かなり億劫になる。
だから仕事中は飲まず、仕事が終わったら飲む習慣になっているんだけど、「読書」を仕事に含めてしまうことにした。
最後の仕事が終わったら読書を最低10分。
10分読むまではお酒は飲んではダメってことにすると、良い感じで読めるのではないかと。
さっそく初日やってみたら、10分を大きく越えて30分くらい読書できた。
しばらくやってみようと思う。
ちなみに飲み始め時刻は16:50だった。
今日はこんな一日
爆風の

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました