『SOSの猿』(中央公論新社) – 著者: 伊坂 幸太郎 – 栗原 裕一郎による書評

書評総合

『SOSの猿』(中央公論新社) 著者:伊坂 幸太郎
「謎」の背後に本当の「謎」がある
手に取って帯を見るとこう書かれている。「ひきこもり青年の『悪魔祓(ばら)い』を頼まれた男と、一瞬にして三〇〇億円の損失を出した株誤発注の原因を調査する男。そして、斉天大聖・孫悟空――救いの物語をつくるのは、彼ら」どんな小説かまったく見当がつかないのではないだろうか。荒唐無稽にさえ映るけれど、実際かなり荒唐無稽な小説である。他人の発するSOS信号に敏感で、悪魔祓いの心得を持ち、ひきこもり青年救済に動く「私(遠藤二郎)」を語り手とした「私の話」。株誤発注事件の原因を、非人間的なまでの合理性で追究する「五十嵐真」を軸とした「猿の話」。このふたつの話が交互に平行するかたちで小説は進行する。もちろんふたつの話は関係し合っており、やがてひとつに収束していく。そのなかで浮かび上がってくるのが「物語による救い」の物語で、孫悟空はふたつの話を縫い合わせ「『物語による救い』の物語」を紡ぎ上げる役割を果たしている。ほかにも、孔子と孟子、エクソシスト、ユングなど意表を突く設定満載である。遠藤二郎が救おうとしているひきこもり青年と、五十嵐真が追う株誤発注事件、一見まったく無関係な両者のあいだに横たわる「因果関係」が読者を引っ張る謎なのだが、それは表面的な「謎」にすぎない。「猿の話」のパートは毎度「さて、どうなるかはお次の回にて」といった言葉で締め括られている。中心人物・五十嵐真を「狂言回し」と呼び、「おまえたち」と誰かに話しかける正体不明の語り手が背後にいるのだ。この語り手の正体と、彼の語る「猿の話」が担っている意味

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました