「ポオ全集 2」を読む(3)

小説の書評と感想
 谷崎精二・個人全訳「ポオ全集」(春秋社)第2巻より、3回めの紹介をする。 同(2)は、今月2日の記事にアップした。
 リンクより、関連過去記事へ遡れる。 今回は、「奇態な天使」「使いきった男」「息の紛失」、3編を読んだ。3編で43ページである。 「奇態な天使」はビヤ樽の胴、小樽の足でできた羽根のない、自称・天使に、酒酔いの「私」が振り回される話である。天使を含め、一切の信仰を僕は持たないので、内容には言及しない。酔っ払いの戯れ言めく(悪い冗談とも書いた)のが残念である。 「使いきった男」は、蛮族と戦って体のほとんどが、人工品になった(本体は小さな束のみである)、名誉陸軍少将を描く。人工器官の発展、あるいはiPS細胞の発見を予告したような面は認める。 「息の紛失」は、息を失くした男が不運の果てに、生きたまま埋葬されるが、掘り出される話である。「生きたまま葬られる」というポオの1テーマである。 短編小説作家は、ポオも、O・ヘンリも、フィッツジェラルド(長編小説もある)も、悲惨な最期を迎えているが、何故だろう。印税の安い短編小説を乱作するからだろうか。短編小説の名手と呼ばれた三浦哲郎は、それでも長編小説も多く手掛けた。バランスを採ったのだろうか。村上春樹は短編、中編、長編、翻訳、エッセイとバランスを採って書き続け、成功している。写真ACより、「樽」のイラスト1枚。

Source: 小説

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました