『甘美なる来世へ』(みすず書房) – 著者: T・R・ピアソン – 豊崎 由美による書評

書評総合

『甘美なる来世へ』(みすず書房) 著者:T・R・ピアソン
小説の読者というのは、たとえて云うなら馬術競技の馬のようなもので、騎手(作家)の指示に従ってコースを回り、障害物を飛び越え、ゴールに向かう姿勢が要求される立場なのだけれど、そこはそれ、易しい馬場(小説)もあれば難しい馬場もあり、難しい馬場なら導く騎手の腕前と馬の日頃の鍛錬(読書)の成果が問われ、事と次第によっては完走することができない場合もあるのだし、〈それは私たちが禿のジーターを失くした夏だったが〉から句読点なしの二十九行で始まる、ノースキャロライナの架空の町ニーリーを主な舞台としたT・R・ピアソンの『甘美なる来世へ』は、その最初の長い一文ゆえに難しい馬場であることが予感され、騎手の騎乗ぶりと馬の側の才能が共に問われるのだろうかと懸念を覚えつつ読み進めていったのだけれど、読み終えた今となってみればそんな畏(おそ)れは杞憂に過ぎなかったことが判明したので、これからこの本を読もうか読むまいか迷っている人には「大丈夫、大丈夫。騎手の腕が極上だから、馬への負担はごく少ない」と気楽にお薦めしたい気持ちでいっぱいなのである。禿のジーター、禿なのに女性である人物の死の報告から始まり、ジーター一族のあらましが紹介され、禿のジーターの妹であるデブのジーターの描写からその伴侶であるレイフォード・リンチの血筋へと話は移り、〈ジーター一族にはあまり似ずリンチ一族にもあまり似ずジーターとリンチのいかなる論理的組合せにも似ずむしろフィリップ・J・キング夫人の義妹の母親でありピッツボロ在住で時おりどこかよそへ行く途中にニーリーを通過していく女性に

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました