『石坂洋次郎の逆襲』(講談社) – 著者: 三浦 雅士 – 張 競による書評

書評総合

『石坂洋次郎の逆襲』(講談社) 著者:三浦 雅士
郷土愛の響きあい 情熱的な作家論
石坂洋次郎は存命中に流行作家と見なされ、いまはすっかり過去の人となった。しかし、著者の見解はまったく違う。石坂は作家としてもその作品も不当に低く評価され、いまだからこそ、その魅力を見直すべきだと言う。なぜなら、石坂は東北日本の深層に潜む母系制の神話を鮮やかに捉えており、時代を超えた独特の個性を描き出しているからだ。石坂洋次郎の小説に出てくる女性はほとんど例外なく経済的に独立し、恋愛においても婚姻においても家庭において主導権を握っている。このような人物造形は戦前戦後を問わず一貫しており、父系制の神話と真っ向から相対している。女性支配の世界は無意識ながら、戦前においては軍部と対決するものになり、戦後においては近代工業社会に対する批判になっている。石坂の小説が戦前においても戦後においても大人気を博したのはそのためである。石坂の文学と民俗学とのあいだに決定的な呼応関係があるという仮説は、作家論の展開において中心的な柱になっている。石坂は折口信夫の影響を受けたが、折口が表向きに隠していたことをあからさまにしただけでなく、それを血肉化することに成功した。宮本常一の民俗学も網野善彦の歴史学も石坂の影響を受けたもので、二人が登場しうる場を切り拓いたのも石坂だと指摘する。津軽の風土の中で育ち、母系制のなごりを日常として生きる経験を持つ者でないと、気付かない発見であろう。むろん、石坂文学の真の価値は情念の煌(きら)めきを巧みに捉える表現力と、社会的共振を引き起こす発信力にある。そのことは同時代作家との比較を通して

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました