図解 渋沢栄一と「論語と算盤」

書評総合


・図解 渋沢栄一と「論語と算盤」
・斎藤孝
・フォレスト出版
 2024年度上期を目途で発行される新紙幣の1万円札の肖像に使われる渋沢栄一。名前くらいは知っていても、どんな人かと言われると意外に知らないものだ。本書は、彼の生涯と主要な著書「論語と算盤」を紹介したものである。ここで、「論語」と言えば孔子の教えを期したものだが、「算盤」というのは経済という意味らしい。
渋沢栄一は、1840年(天保11)、武蔵国の血洗島村(現在の埼玉県深谷市地洗島)の豪農の子として生まれた。家は藍玉の製造販売で財を成し、栄一も小さなころから英才教育を受けた。
 しかし、江戸時代といえば「士農工商」の時代。一方的に代官に御用金を申し付けられ、「能力のない人間が身分だけで上から物を言う」理不尽さにバカバカしくなり、倒幕を目指す。
 クーデターを計画したものの、その計画が頓挫し、御三卿の一つ一ツ橋家の家老並だった平岡平四郎のつてで、一ツ橋慶喜の家臣となる。ところがその慶喜が15代将軍になってしまう。
 彼がフランス万博に行っている間に、大政奉還が行われ時代は明治に。ところが大隈重信により、明治新政府に誘われ、大蔵省に勤めることになる。しかし政府高官と対立し、民間に転じた。
 倒幕を目指していた人間が、いつの間にか幕臣になり、そして明治新政府に仕え、民間に転じて色々な分野で活躍する。そういったところに、運命の面白さを感じてしまう。
 その栄一が、指針としたのが論語だ。私など論語と言うと古臭くて読む気がしないものだが、当時の教養人には必読の書だったのだろう。もっとも、論語を解釈し

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました