「紙山さんの紙袋の中には 1」江ノ島アビス HJ文庫

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは江ノ島アビスさんの「紙山さんの紙袋の中には 1」です!ストーリー A内容は、平穏な高校生活を求める小湊波人。入学式の朝、彼は長身グラマラスな体型ながらなぜか頭に紙袋を被り汗で全身がビシャ濡れな紙山さんの後ろの席になってしまう。恥ずかしさから紙袋が取れないという彼女のため、小湊は会話部という部活を作り紙山さんの人見知りを治そうとする!面倒見のいい委員長だが、制服の話となると人が変わる新井さん、見た目はイケイケなJKなのに張りぼての魔法少女しか友達がいない天野春雨も巻き込んで残念系ラブコメが始まる!とこんな感じです!〜紙袋?制服?張りぼての魔法少女?残念美少女たちとラブコメ!〜第13回HJ文庫大賞金賞受賞作!参加させていただいているHJ文庫公式レビュアープログラムの作品です。とにかく残念な美少女たちと繰り広げるラブコメが魅力でしたね!コメディバリバリのラブコメとして楽しく読ませていただきました!面白かったです!平穏な高校生活を送ろうと考えていた小湊。しかし入学式の日、初めてのホームルームで紙山さんの後ろの席になったことで運命が変わり…紙山さん超強烈なヒロインでしたね…身長180センチ超え、グラビアアイドルが泣いて逃げ出すグラマラスな体型、そしてなぜか頭に被った紙袋に緊張からくる汗で水に飛び込んだかのようにビシャビシャで…こんなやつ同じ教室にいたら絶対授業とか集中できないですよ…そんな紙山さんが自己紹介で何もできずにいるところを助けたことをきっかけに2人は親しくな

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました