『吾輩は猫である 上』(集英社) – 著者: 夏目 漱石 – 林 望による書評

書評総合

『吾輩は猫である 上』(集英社) 著者:夏目 漱石
朗読と漱石
この四月から、私は、東京エフエムの衛星ラジオで『リンボウ先生の歌の翼に』という番組をやっている(ALLREVIEWS事務局注:本書評執筆時期は2006年)。私自身が選んだ音源でクラシック歌曲をかけ、なおかつ近代文学作品を朗読する、という番組である。こういう番組を半年やってきて、つくづく思うことは、文章には二つの種類があるということである。一つは目で読む文章。もう一つは耳で聞く文章。そしてこの二つの間には相当に隔たりがあるのである。もともと日本語というのは、かなと漢字を混用し、しかもそれぞれが「意味」とはまた違ったグラフィック上の価値を持っているやっかいな言語である。たとえば、事実上同じことを言うのであっても「良い」と書くのと「善い」と書くのでは、すでに見た目でニュアンスの違いが表れる。あるいは、   久しぶりに夢に見しきみは語気荒く   我を責めたりはっと目覚めつと、短歌を普通の上の句下の句で二行書きにするのと、   ひさしぶりにゆめにみしきみは   語気あらくわれをせめたり。   はつとめざめつ。と、三行に仮名書きして「語気」だけを漢字に書き、適宜句読点などを付加するというふうな書き方をするのとでは、読んだ時の印象はずいぶんと違う。こういう文字の配置のグラフィックな情報や用字の如何が相当に物をいうのが日本語という言語なのである。しかるに、たとえば平安朝の物語や中世の軍記物語、勅撰集の和歌などは、ほぼ完全に「耳で聞

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました