『魂萌え!〔上〕』(新潮社) – 著者: 桐野 夏生 – 豊崎 由美による書評

書評総合

『魂萌え!〔上〕』(新潮社) 著者:桐野 夏生
これまで冒険といえば、世間知&経験値ゼロの少年少女か、お姫様を救出せんと竜の棲む洞窟に挑む若き騎士か、世界の平和を守るために戦うマッチョなソルジャーなんかがするものでした。で、女、とくに中年以降の女は家で勇者の帰りを待ってろ、そんな扱いだったわけです。ところが! 年齢も違えば、立場も違うさまざまな女性の心の奥深くにひそむ欲望や悪意や真意を、時に優しく、時に厳しい筆致で深く描いてきた桐野夏生の新作で冒険するのは、五十九歳の主婦なんであります。ある日、趣味で習っている蕎麦打ち教室から帰った夫の隆之が心臓発作で急死。呆然とするばかりだった専業主婦の敏子が、世間というこれまであまり縁のなかった広い海に出て、見たくないものを見たり、知りたくなかったことを知ったり、そのことで傷ついたり、怒ったり、自信喪失したりしながらも、新しい自分を発見し、生きる力を充実させていく過程を描いた、これは立派な冒険小説なのです。アメリカに行きっぱなしで、結婚した時も子供ができた時も報告にさえこなかったくせに、財産分与を迫る長男。母親の味方ではあるけれど、今つきあっている彼氏との将来を考えるのでいっぱいいっぱいだから、つい自分優先の発言をしてしまう長女。我が子の身勝手さにショックを受ける敏子に追い打ちをかけるかのように、石部金吉かと思っていた隆之に十年もの長きにわたってつきあっている愛人がいたことが判明します。やってらんないとばかりに、敏子はプチ家出を試みて、カプセルホテルに逗留(とうりゅう)するのですが――。これが冒険の第一ステージ。「若い人から見たら、老人と

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました