梅雨の中休みの快晴が眩く ずっと気分が良かった一日 [日記 2020.7.2]

書評総合
2020年7月2日(木)の日記。
ずっと梅雨空が続いていたが、今日はひさしぶりに見事に晴れ渡った一日。
夕方最後低い位置に雲が出てしまったが、一日晴れて湿度も低く最高だった。
いろいろ仕事も進展。
公私ともに充実の一日。
というか、僕の場合公と私は完全に融合しているなぁ。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

今日の一面TOP
ひさびさの快晴!爽快朝の海
▲ 朝の海。
いったい何日ぶりだろう。
ここまでクリアな空は本当にひさしぶり。
 
▲ 爆風というほどではなくなったが、まだまだ風が強い。
 
▲ サーファーはちらほら程度。
 
▲ 梅雨明けが待ち遠しいねぇ。
今日はこんな一日
ダイソンを分解したり自転車に油を挿したり
noteに記事を書いたが、「苦手」と思い込んでいたことに手を付けることができた。
そしてやってみたら全然大変じゃなかった。
ダイソンのヘッドを分解してお手入れしたり、自転車のギアとチェーンに油を挿したり。
https://note.com/ttachi/n/n14a0ef2bd57a
今季初の水着姿で爽快11kmラン
▲ 由比ヶ浜に新しいカフェ・レストランが明日オープン。
Cupsと書いてある看板を取り付け中。
オープンしたら行ってみよう。
 
▲ 稲村ケ崎も良いお天気。
そうそう、今年はまだ水着でランニングしていなくて、ランニング用ショートパンツで走っていた。
今日試しに水着を来てみたら、脚のつけ根が真っ白のまま水着から出

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました