『学校が子どもを殺すときー「教える側」の質が劣化したこの社会で』(論創社) – 著者: 渋井哲也 – 渋井 哲也による前書き

書評総合

『学校が子どもを殺すときー「教える側」の質が劣化したこの社会で』(論創社) 著者:渋井哲也
「指導」という名の教師の暴言と体罰が、子どもたちを苦しめ死に追いやる。学校や教育委員会は事実を伏せる。いじめ自殺の子どもや遺族を徹底取材。そこから見えてきたものは、学校が子どもを見殺しにする実態であった!
私が「いじめ」と「自殺」を取材する理由
「いじめ」という概念ではとらえることのできない継続的な拷問―。これは、佐賀県鳥栖市の市立中学でいじめにあったK(現在、二〇歳)が、加害者の同級生と保護者、鳥栖市を相手どった裁判の訴状に書かれた内容の一部だ。Kが中学一年だった二〇一二年四月から同年一〇月二三日までの約半年間にわたり、加害者の同級生からKへの暴力が繰りかえされた。妹がKのけがに気づき、母親が黙ってICレコーダーをカバンなどに仕掛けたことから、いじめの事実が発覚した。では、「拷問」と呼ぶべきいじめの内容は、どんなものだったのか。きっかけは、中学入学前の出来事だった。エアガンで撃たれている女の子を助けたところ、同級生のAから「いいかっこうしやがって」と言われた。中学入学後は、複数(裁判では八人を訴えた)の加害生徒からいじめられた。校内では、教室の出入り口に見張りをつけたうえで、顔を殴られ、首を絞められ、カッターナイフを手首に押しつけられたりした。また、体育館で暴行された際には、加害生徒から「金づるやけん、生なま殺ご ろしにせな」と言われ、当時、母親が脳梗塞で入院していたことから、「お前の親、入院してるんやろ。親を殺すこともできるんやぞ。一三歳は人殺してもつかまらんのやけん」などと脅され

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました