「星降る夜になったら」あまさきみりと MF文庫J

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのはあまさきみりとさんの「星降る夜になったら」です!ストーリー B内容は、高校三年生の花菱准太は進路も卒業も決まらないまま残りわずかな高校生活を怠惰に過ごしていた。そんなある日、補習で訪れた美術室で1人の後輩と出会う。たった1人の美樹部員である渡瀬佳乃は、不登校気味で学校では友達が1人もいない寂しい女の子。そんな彼女の絵に惹かれた准太は補習もないのに彼女の元へ通うようになる。次第に距離を縮めていく2人。しかし佳乃にはある秘密があって…過去と今を願いを叶える不思議な彗星が繋げる青春もの!とこんな感じです!〜彗星に願って〜あまさきみりとさんの新作!「キミの忘れかたを教えて」が面白かったので期待していたんですけど…後述の通り、超濃厚カロリー爆弾文章が切ない物語と致命的なまでに分離していましたね…物語が好きなだけにここまでくどいと感じてしまう文章なのが…物語は卒業を間近に控えた2月になっても進路も卒業も決まっていない准太が佳乃と出会うところから始まります。放課後の美術室で一心不乱に絵を描く女の子と出会うめっちゃいいシチュエーションですね!担任の教師の姪だという後輩はわがままで全然笑わなくて不器用できまぐれで…そんな彼女と放課後の美術室で時間を重ね距離を縮めていきます。しかし佳乃はある日を境に姿を見せなくなり…序盤から願いを叶えて、でも誰にも観測されないお伽話のような彗星について語られるのですが、ここでそいつの残酷な正体が明かされます。そして彗星に願ってしまったことで2人

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました