”優しさに泣ける・・・。”

絵本の書評と感想
 こんにちは。ひだまり絵本館 花梨こと香川ミカです。   絵本のちからや、胎内記憶教育を通してほっこりかろやかになるヒントを書けたらいいなと思っています。   ~*~*~*~  植松努さんのブログです。 今の子どもたちを、昭和の価値観で傷つけてほしくない。 これは常々感じていることでしたので、  ほんとにそうだなぁと思って、リブログさせて頂きました。   ~*~*~*~  なんて優しい人達なんだろう。そんな優しい人達が、大人が押しつける、昭和の価値感で悩んでいる。でも、悩んでいるのに、他のもっと悩んでいる人の事を心配してる。いまの人達は、優しいです。校内暴力だとかが吹き荒れた時代とは、まるで違います。でも、その優しい子達に強い影響力を持つ人達は、子ども達ほど優しくありません。 分け与えようとする、人口減少時代の優しい人達に、弱肉強食の人口増加期の人達が接したら、優しい人達は、一方的にやられてしまいます。この、「普通や常識」の世代間ギャップが、いまの若い人達を苦しめているような気がします。 (本文より引用)            おしらせです いよいよ今月になりました。  7/10~12【胎内記憶教育フォーラム】Zoom・無料開催いたし

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました