明日の自分が確実に変わる 10分読書

小説の書評と感想
明日の自分が確実に変わる10分読書著者 吉田裕子新たな知識を求めてこの本と出逢う。たった10分の読書でも、1ヵ月1冊読むことができる。1ヵ月1冊読むことができれば1年間で12冊読むことができる。この行動があなたの人生を変えることもあれば、変わらないこともある。本を読むことにより、新しい考え方に出会うこともある。まずは本を読むことから始めることである。「たった1冊の本」が人生を変えることがある。とにかくジャンルを選ばず、本を読むことが大切です。何か本を読まなければならない、ベストセラーを読まなければならないなどの呪いから時離れて、自由に楽しむことが大切なのです。何でも良いのでそういうことが大切なことです。今はスマホか本かと言われていますが、スマホも本もどちらもみるということが大事です。なぜ本を読まなければならないのか?なぜ本を読む必要があるのか?その回答が、・読書によって言葉がストックされると、話す言葉が豊かになりさらに聞く力が身に付く・読書は自分を客観視する力や他者への想像力を育てることができる結果コミニケーションが取れるようになり、人生を楽しむ力がつくことであり、より住みやすい社会に近づいていく。だから本を読むことを勧めますし、本を推奨されるのです。それでも本を拒否する人たちは世の中多くいます。本を読むことが苦痛である人たちも多くいます。しかしどんな難しい本を読むのではなく、どんな本でも価値があるし、すべてのページに価値があるわけではありません。・1冊の本の中に、心が動く「へぇー」が1カ所であれば充分読んだ価値があるのです。時間がない世の中ですが、時間がない世の中だからこ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました