『カウントダウン』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

小説の書評と感想
『カウントダウン』真梨 幸子 宝島社文庫 2020年6月18日第1刷

カウントダウン (宝島社文庫)

半年後までに、邪魔なものはみんな “片付ける” - 。海老名亜希子は 「お掃除コンシェルジュ」 として活躍する人気エッセイスト、五十歳・独身。歩道橋から落ちて救急車で運ばれ、その時の検査がきっかけで癌が見つかった。余命は半年。潔く “死” を受け入れた亜希子は、”有終の美” を飾るべく、梅屋百貨店の外商・薬王子涼子とともに “終活” に勤しむ。元夫から譲られた三鷹のマンションの処分。元夫と結婚した妹との決着。そして、過去から突きつけられる数々の課題。亜希子は邪魔なものを “片付けて” 終活に奮闘するが、マンションのクローゼットに大きな秘密を抱えていた - 。イヤミスの女王が放つ二転三転の “終活” ミステリー、待望の文庫化です。(ウェブサイト/版元ドットコムより)

主人公の海老名亜希子は、少々思い込みが激しい程度で、特に性悪女だというわけではありません。学生時代は成績優秀で、(得票数こそ少なかったものの) 生徒会長に立候補するほどの人物でした。

彼女は大手の印刷会社に就職します。しかし、それは彼女が最も望む就職先ではありませんでした。そのせいだったのか、その後の彼女のOL生活は必ずしも順調だったとは言えません。

ところが、”災い” 転じて何とやら、今や絶大な影響力を持つSNSの力もあ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました