『フラッシュ:或る伝記』(白水社) – 著者: ヴァージニア・ウルフ – 出淵 敬子による後書き

書評総合

『フラッシュ:或る伝記』(白水社) 著者:ヴァージニア・ウルフ
イングランド南部の村で生まれた由緒正しきコッカー・スパニエルのフラッシュは、著名な女性詩人エリザベス・バレットへの贈り物として、ロンドンへやってきた。病弱でひきこもりがちな主人の家で、やんちゃで自由を愛する犬フラッシュは少しずつ都会の生活になじんでいくが、やがてエリザベスの前にひとりの男が現れる。年下の詩人ロバート・ブラウニングとの恋愛、家庭における父親の支配、突如降りかかった犬泥棒事件とスラム街訪問、イタリアへの駆け落ち……。犬の目を通して、詩人の日常と冒険を温かいユーモアと時に辛辣なウィットをこめて描く。本邦初訳時のタイトルは『ある犬の伝記』だったため、書店の犬・猫コーナーに並んでいたこともあるという、愛すべき小品をご紹介。
すべての犬好きのための小説
『フラッシュ』が出版されたのは、一九三三年十月、著者ヴァージニア・ウルフが五十一歳の時でした。ウルフがこの作品を書きはじめたのは、もうあと二カ月すれば実験的な小説『波』が出版されるという時 ―つまり一九三一年八月のことです。いいかえれば、ウルフはいわゆる「意識の流れ」の手法を使って、六人の登場人物にそれぞれ独モノローグ白を話させるという前衛的な試みに精魂かたむけて大作『波』を書きあげたあと、がらりと方向を変えて、もちまえのウィットを生かし、犬の目から見た女流詩人の生活を語るという、軽快で洒落た試みを企てたのです。最初は、この本をクリスマス用の小冊子にするはずでしたが、調べたり書きなおしたりしているうちに、現在見るような形になりました

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました