【書評:1688冊目】数学的に考える力をつける本(深沢真太郎)

書評総合
【数学とは、コトバで本質を掴む学問である】
ビジネス数学教育家・深沢真太郎氏が、『数学的に考える力をつける本』と題して、数字も計算も出てこない、コトバを使って「数学的に考える力」を養う方法を指南する一冊。
rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="156ac3d8.7dbe6d34.156ac3d9.a3b3ebc6";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="300x160";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1504596303285";
■書籍の紹介文
学生時代に学んだ”数学”。
いまの生活に、どのように役立っていますか?
 
本書は、『数学とは、コトバの使い方を学び、本質を掴むための学問である』と提起し、コトバを使って「数学的に考える力」を養う方法を指南する一冊。
 
学生時代の数学を思い返して浮かぶこと。
計算であり、公式や定理であったりするとおもいます。
 
大人になった今、それらはどのように役立っているか。
考えてみると、頭の中に「?」が出てくる人も多いでしょう。
 
計算も公式も、電卓、計算ソフト、Excel関数などが

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました