世界のエリートはなぜ「イスラエル」に注目するのか

小説の書評と感想
世界のエリートはなぜ「イスラエル」に注目するのか著者 新井均新たな知識を求めてこの本と出逢う。著者がなぜイスラエルに興味を持ったのか?出会ったイスラエル人が親日家出会ったからである。イスラエルの成人は早い。男が13、女が12という歳である。パレスチナとの抗争で有名なイスラエルだが、イスラエルの本当の姿を知っているかと聞かれれば、答えられるだろうか?均一に育てる日本、トップエリートを育てるイスラエル、もちろん賛否両論だがあなたはどちらを受け入れる?イスラエルではいろいろな商品が発明されている。・インテルのチップ・USBメモリ・チェリートマト・ICQ・Facebookの顔認証・VOIP通信・ファイアウォール・ハイエンドルータCSR-1・カプセル内視鏡などがイスラエルより誕生している。宗教的印象の強いイスラエル。建国から約70年経つが、人口増加の要因は全世界に散らばったイスラエル人の帰還である。彼らが戻ってきたことにより人口増加となった。さらにはソ連などに散らばってた研究者、博士号を持った研究者たちの帰国が大きい。そうしてイスラエルはハイテク国家となっていた。イスラエルのGDPは4,020,000ドル、日本のGDPは3,840,000ドルもうすでに日本よりもイスラエルの方がGDPは多いのである。それは認めなければならない。そこでユダヤ人の教育を学ぶことも大切であると認識しなければならない。ユダヤ人の教育を大きく分ける。1.本を与える。2.子供の自主性を尊重し何かを押し付ける事はしない。3.様々な体験をさせる。4.子供の意見を聞き、褒める。5.言葉と態度で信じていることを示す。6.

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました