SNOOPY COMIC SELECTION 60's/チャールズ・M・シュルツ、谷川俊太郎

書評総合
◆本の内容(amazon.co.jpより引用)世界中で大人気のスヌーピーは、作者チャールズ・M・シュルツさんが1950年~2000年の間、新聞に連載していた作品『ピーナッツ』のキャラクター。本書は、計17,897回にも及んだ連載から172本を厳選した、よりぬきスヌーピーコミック。60年代は、小説家などに変身するスヌーピー、恋するチャーリー・ブラウン、精神分析スタンドを開くルーシーなど、キャラクターたちの個性が確立していく時代。この面白さからはもう目が離せない!◆感想 スヌーピーの対訳付き英語マンガです。 このシリーズも終わりが見えてきました。 残すところ、あと1冊です。 そろそろ、次に読むやつを探さないとな~と思っています。 まだ、文章だけのやつを読むのはハードルが高い気がするのですよね。 もうしばらくはマンガ(とゲーム)で英語に触れていこうと思います。◆お気に入り度 星3つ:★★★◆日記とか雑談とか さて、今日で2020年も半分が終わりですね。 2020年の上半期は、新型コロナの影響で厳しい部分もありましたが、 ギリッギリのギリギリで黒字でした。 やったー\(≧▽≦)/ 例年に比べれば黒字幅が相当少ない上に、 1~3月で確保した利益を食い潰したような形なので 手放しで喜べる状況ではありませんけどね。 税金とか保険料とかをあらかた払い終えて手持ちのお金が増えているので それなりに満足はしています。 まぁ、情勢的にはまだまだ先が見えない状況ですし、 油断大敵ですけどね。 さすがに赤字にはならないと思いますが、 下半期の結果次第で2021年の負担が変わってくるので、 7月以降もボチ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました