うちの子が結婚しないので 垣谷美雨

小説の書評と感想
親、めっちゃ辛口ィ〜!モテない娘の立場で読むと泣きたくなる。自分の20代後半の頃を思い出して「ぐぅうううう!」て声にならない呻き声が出る。一生独りで生きていく覚悟もなく、黙っていても求婚者が列をなしてくれるわけでもなく、収入もバイタリティーも無い……うちの子は、一人じゃ心配だ。親の欲目はどこ行った?と読んでいるコッチがうろたえるほどに、シビアかつ正確に我が子を観察分析。絶対に結婚したくない!なら、いい。今の時代、いろんな生き方がある。だけどそうじゃないなら。精神的にも経済的にも、ひとりよりは2人の方が安定する。   老後の準備を考え始めた千賀子は、ふと一人娘の将来が心配になる。28歳独身、彼氏の気配なし。自分たち親の死後、娘こそ孤独な老後を送るんじゃ…?不安を抱えた千賀子は、親同士が子供の代わりに見合いをする「親婚活」を知り参加することに。しかし嫁を家政婦扱いする年配の親、家の格の差で見下すセレブ親など、現実は厳しい。果たして娘の良縁は見つかるか。親婚活サバイバル小説!     親に将来だの結婚だのあーだこーだ言われて、娘友美は、はじめは反抗する。結婚しても幸せになれると限らないし?婚活?焦りすぎじゃない?そんな必死になるなんてカッコ悪。しないとは言ってないし。いつかしようと思ってるし。そんな定型文の反論をことごとく撃破する親の言葉の斬れ味といったら!読んでるこっちもザックリやられる。既婚者なのに過去の自分が泣いてる。今独身だったら気絶してたかもしれない。おそろしい……リアルタイムで婚活してる人、こ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました