『悪の血』(草凪優)_書評という名の読書感想文

小説の書評と感想
『悪の血』草凪 優 祥伝社文庫 2020年4月20日初版

悪の血 (祥伝社文庫)

和翔は十三歳の時に母親を捨てた。二十歳の今も家なんてない。ドラッグの売人として生きる和翔だったが、宝物がいた。悪友基生の妹の潮音だ。俺らとは別の生き方をさせる - 和翔と基生はシャブを売り、潮音を名門女子大に行かせることができた。ところが入学の直後、潮音は凶悪なインカレサークルの餌食となりレイプされる。和翔と基生は、首謀者への復讐を決意するが。(祥伝社文庫)

『悪の血』 は、草凪優が文庫書き下ろし形式で綴った、昏い情念の物語だ。主人公の佐藤和翔は、二十歳になったばかりのチンピラだ。仕事はシャブの密売だが、末端で人に使われているような身分では、たいした収入があるわけでもない。そんな和翔にも生きがいというべきことがある。たった一人の親友である辻坂基生の妹、潮音に幸せになってもらうことだ。だから基生と協力して資金を捻出し、私立の女子大に入学させた。受験を突破できるよう、塾の費用まで出したのである。シャブを売って稼いだ、綺麗とはいえない金だが。その潮音の誕生日の夜に事件が起きた。お祝いをするために基生と二人で待っていた五反田のカラオケボックスに、潮音は遅れてやってきた。着衣や髪が乱れ、顔を晴らした無惨な姿で。二人の前で、彼女は悲鳴をあげて暴れはじめる。

サークルの新歓コンパに参加した女子学生を、上級生が複数で輪姦する。偏差値の高さを誇る大学でそうした事件が起き、各種メディアで騒がれたことをご記憶の方も多いだろう。潮音の身にも、そんな許しがたいことが起きたのだという。(以下略/解説よ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました