日米ともに新コロ第二波来襲(金融日記 Weekly 2020/6/19-2020/6/26)

ビジネス書の書評と感想
TOPIX: 1577.37, -0.3% (1w), -8.4% (YTD)Nikkei225: 22512.08, +0.1% (1w), -4.8% (YTD)S&P500: 3009.05, -2.9% (1w), -6.9% (YTD)USD/JPY: 107.2, +0.3% (1w), -1.3% (YTD)EUR/JPY: 120.28, +0.7% (1w), -1.3% (YTD)Oil(WTI Futures): 38.49, -3.2% (1w), -37.1% (YTD)
 日米ともに新型コロナウイルスの感染拡大フェーズに再突入している。アメリカはロックダウンなどで新規感染者を減少させてきたが、この1、2ヶ月ほどで段階的に経済を再開させ、また、"Black Lives Matter"デモで多くの聴衆が集まる機会が多く、疫学者たちの予想通りに再び指数関数的な増加曲線に乗ってきてしまった。日時の新規感染者数は過去最大であり、前回のピークより状況は悪い。
 日本は、生活習慣やもともとの免疫などの生物学的な要因では、ほぼ新型コロウイルスをゼロに封じ込めた台湾や香港、マカオ、ベトナム、そして、極めて少ない感染者数に抑えている中国本土などと同じ東アジアグループに属するが、政策的にはアメリカに近い。そして、結果もアメリカの縮小スケールでアメリカの悪い傾向を追随している。すなわち、新型コロナウイルスを封じ込めるでもなく、再生産数を1以下にキープできる検査と隔離の体制を整えるでもなく、感染者数が減ったからというだけで何の戦略もないまま経済再開に踏み切り、疫学者た

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました