「ライオンのおやつ」 小川糸

小説の書評と感想

余命を告げられた雫は、残りの日々を瀬戸内の島のホスピスで過ごすことに決めた。
そこでは毎週日曜日、入居者がもう一度食べたい思い出のおやつをリクエストできる「おやつの時間」があった―。
毎日をもっと大切にしたくなる物語
33歳の海野雫は末期がん。辛い抗がん剤の治療もがんばってきたけど、効果は出なかった。
わたしには治療の過程や副作用の苦しみはわかっても、その治療の効果が無かったときの無力感は未だ想像できない。
もう再び元気になって社会復帰する日は来ない。。。
どうやってその日を迎えるか。残された時間の過ごし方として雫が選んだのはレモン島のホスピス。
「暖かい場所で毎日海を見ながら過ごしたい」
今までの生活を清算して、クリスマスの日に船で島にやってきた。
小説だし、きれいごとに過ぎる部分はあると思うけど、
余命を言い渡される病気になる可能性を考えると、こんな場所があるならわたしも入所したい。
最期の痛みや苦しみを緩和しながら、ほどよい距離感の優しいスタッフ。
他の小川作品の主人公同様、雫も係累が少ない。
若くして亡くなるのは気の毒だけど、
心配でたまらない家族を後に残す心配がないのは、ある意味とても恵まれている気もする。
いつもの丁寧な生活感が最期の日々まで続き、温かい気持ちになる
思い出に残るおやつには幸せなエピソードがある
ただ、最後の「スピリチュアル部分」でひとつだけ気になったのは球根のくだり。
これは必要だったのかなぁ・・・
生前会わない選択をした人に気持ちを伝えるにしても、これはちょっと違和感ありました。。。

Source: 小説

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました