「Babel1 少女は言葉の旅に出る」古宮九時 電撃の新文芸

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは古宮九時さんの「Babel1 少女は言葉の旅に出る」です!ストーリー AA内容は、現代日本から突然異世界に迷い込んでしまった女子大生の水瀬雫。砂漠のど真ん中で途方に暮れていた彼女は行き倒れかけたところを商人たちに助けられる。その商人たちの一緒にいたエリクという魔法士の青年と出会うことで雫の運命は変わっていく。日本に帰還する術を探す雫のために、共に旅をすることを決めるエリク。彼が対価として求めたのは雫の国の文字をエリクに教えることだった。剣と魔法の世界で、言葉をきっかけ世界に触れるファンタジーが始まる!〜異世界に来た少女が紡ぐ言葉のファンタジー〜古宮九時さんが電撃文庫から発表した「Babel」のリブート作品!元はWEBで発表していたものを書籍化してとり流れとしては「WEB→電撃文庫版→電撃の新文芸リブート版」となっています。まず言わせてください最高子どもの頃、初めてファンタジー小説を読んだ感動を皆さん覚えていますか?その時の感動やワクワク感、知らない世界に触れる初めての感情を覚えていますか?2度目のそれを味合わせてくれたのが本作品です。めっちゃ面白い。原初的な感覚を呼び起こす、ファンタジー小説初体験の記憶を思い出させてくれる最高の作品でした!古宮さんありがとうございます!まずさっくりと電撃文庫版との違いを…ちなみにWEB版は未読です。あちらはあとがきにもある通り、かなり文章が削られていたようです。確かに雫がこの世界にきてすぐにエリクと旅をすることになって、その

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました