陸王

小説の書評と感想
陸王著者 池井戸潤新たな知識を求めてこの本と出逢う。足袋を製造する伝統の会社での立て直しが始まる。今の時代廃れる産業もあれば、輝く産業もある。どのような人生を送るのか、そのためにどのような会社で働くのかとても大切なことである。そこが定まらなければ、難しいものである。廃れた産業がこれからどのような復活劇を成していくのか非常に楽しみである物語である。旅を作っていた会社が、運動靴を、ランニングシューズを作っていく、そこにはものづくりの熱い心があり、物づくりに関わる人たちからすれば非常に心強い、楽しみな物語である。この物語を通じて、ビジネスも大切だが、人と人の繋がりが1番大切だと感じることができる。結局ビジネスであるが、人生であるが、そこには人と人とのつながりが大切なことである。それを再認識させてくれる小説であり、むしろそこがないと成功できないと言う教科書でもあるのではないでしょうか?そのようなことを教えてくれるからこそこの著者の小説は人気があるのでしょう。小説を通して人生論を教えてくれる、素晴らしい小説だと思います。大切な事は、自分自身だけが幸せになることではないです、他人も含めて幸せになることが大切なことです。それは簡単でもあり、難しい事でもあります。だからこそ人は戸惑いを起こしますし、考えることもします。そして悩みます。だからこそ人は一生懸命生きるのです。この物語のように、1つのシューズかもしれません。しかしその1つのシューズが人と人とのつながりを生んでいくのです。そして1つのシューズをもとに志を1つにして人生を歩んでいくのです。大手企業の、嫌がらせが行われます、銀行の嫌がらせ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました