「対ありでした。 ~お嬢さまは格闘ゲームなんてしない~」江島絵理 MFコミックスフラッパーシリーズ

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは江島絵理さんの「対ありでした。 ~お嬢さまは格闘ゲームなんてしない~」です!ストーリー AA外部生として全寮制のお嬢様学校に入学した綾。食事以外はお嬢様学校に慣れてきた彼女は、ある日同じく外部生にして同学年の注目を集める白百合が格ゲーをやっているところを目撃してしまう。学内で格ゲーをやっていることを口止めされるが、白百合に格ゲーのアケコン特有のマメを見抜かれ格ゲー経験者だとバレてしまう。綾は白百合に対戦を申し込まれたことをきっかけにかつて封印したはずの格ゲー熱が再燃し…〜お嬢様と格ゲー〜書店でふと見かけて表紙のあまりの"圧"に負けて購入。まず言わせてください…なんっじゃこりゃ⁉︎めっちゃ笑えるめっちゃ熱い!なにこれ!なにこれ!なにこれ!めっっっっっっちゃ面白い!えっ、は、えっ?ヤバない?ヤバないですか?めっちゃ面白くないですか?あまりにも面白すぎて面白い以外の感情がないです。てかずるいなにこの緩急。笑かしてきた瞬間、ドキドキさせて、次のページで熱くさせる。こんなん無理やん。おもろいに決まってるやん。最高でした。お嬢様学校に入学してきた綾は庶民感あふれる普通の女の子。この庶民感すこですよ。一方、同じ外部生なのに圧倒的オーラを纏い注目を集める白百合…こ、これがオジョーサマガッコーですか…すげー…と思ったのも束の間。白百合様格ゲー。うん。そしてガチ勢。うん。すげー。というわけで格ゲーマー白百合と出会います。誰にも見られない特別棟の教室で格ゲーに興じていた白百合のこ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました