田舎大家流不動産投資術たった3年で家賃年収4700万円を達成した私の成功法則

小説の書評と感想
田舎大家流不動産投資術たった3年で家賃年収4700万円を達成した私の成功法則著者 多喜祐介新たな知識を求めてこの本と出逢う。レッドオーシャンの都会より、ブルーオーシャンの田舎を狙い、これが不動産投資を始め、キャッシュフローを増やし、2年でサラリーマンを退職して成功した著者の言葉です。田舎の不動産投資と言うと人口が減少して危険なのではと言う思いが生じますが、競争が激化していないブルーオーシャンと言う思いが、著者にはあるようです。いくら人口が密集している都市でも、賃貸物件が供給過剰であればレッドオーシャンになりむしろこちらが危険な方だと思っています。不動産投資は決して難しいわけでは無いですが、勉強が必要ですし、戦略も必要です。そのことを著者は言われています。この著者は1982年に石川県金沢市で生まれて、2005年に大学卒業後商社に入社、2014年ビル管理業に配置換えになったことにより、不動産投資に目覚め、投資クラブ、ビリオネアクラブと出会い、不動産投資の才能を開花された。その後ビリオネアクラブ北陸支部長に就任して、現在活躍されていると言うことで。田舎においても、考え方を変えれば、そこにはニーズが発生してくるのです。もちろんニーズがない都市で投資をしても失敗するでしょう。しかしニーズがあれば田舎だろうが、都会だろうが関係なく投資が必要となります。なぜならそこにニーズが生じているからなのです。都会に比べて田舎の不動産投資は利回りが高いのです。都会の不動産投資は利回りが低いのです。そこは最終的に売却を考えているのか、インカムである家賃収入だけで増やしていくのかの考え方の違いがあるからで

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました