SDGs投資資産運用しながら社会貢献

小説の書評と感想
SDGs投資資産運用しながら社会貢献著者 渋澤健新たな知識を求めてこの本と出逢う。 『SDGs投資』とは、持続可能な開発目標の事。これを、コモンズ投信の渋澤さんが教えてくれる。直接面会しなくても本を通して学ぶ事ができる、これは非常に有意義な事。だから本をよむ、読書をする事を推奨される。投資は投げる資金と書きますが英語で書くINVESTになります。ベストに入れると言うことです。投資でリターンを得るためには?1.リスクの低減2.ビジネスチャンスの可視化様々な事業開発への可能性が高まることが期待されます。電気自動車の再生バッテリー、ドローンを使った林業測定などテクノロジーを駆使した事業開発がこれから投資すべき業界となってきます。そして社会的課題を解決していくことが1つのビジネスとなります。個人的な切望点を社会的課題に高めた課題をテーマとして取り組んでいくのです。よって投資と言うものは貯めるだけではなく、正しい知識を持って使うことが大切なこととなります。お金には3つの機能があります。1.価値の交換2.価値の尺度3.価値の保全新しい発展のために投資に回し持続可能性ある価値を作り分配えとつなげていくことがこれからの社会にとって必要なこととなります。渋沢栄一の思想としては「1滴1滴が大河になる」という合本主義に基づいている。小さな雫の1滴を集めるためには何が必要でしょうか?それは「共感」と「共助」、「共創」です。そこにお金を投資するかどうかが今後の人生の分かれ道になると言うことになります。2024年から流通する予定の新10,000円札の肖像画に、渋沢栄一さんが登場することになりました。この

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました