『メガネと放蕩娘』(山内マリコ)_書評という名の読書感想文

小説の書評と感想
『メガネと放蕩娘』山内 マリコ 文春文庫 2020年6月10日第1刷

メガネと放蕩娘 (文春文庫)

実家の書店に暮らしつつ市役所勤めをするタカコ。突然、十年前に家出した妹ショーコが妊婦姿で帰ってきた。寂れた商店街に衝撃を受けたショーコはシングルマザーとしてここで働くと言い始める。破天荒だけど地元愛は強いショーコはタカコを巻き込み、いざ街おこし! アラサー姉妹の奮闘と成長を描く社会派エンタメ小説。(文春文庫)

最初に断っておきます。これは内容の善し悪しについての不満や批判といったものでは決してありません。言いたいのは、私がイメージする山内マリコのこれまでの小説とは違い “えらく前向きな話” である、ということです。

山内マリコは、何があってこんな!? 小説を書いたのか - その理由は巻末にある 「文庫版のためのあとがき」 に詳しく書いてあります。そうせずにはいられなかった、書かずに済ますわけにはいかない理由があったからです。

相変わらずの流れるような文章はとても読み易く、タカコと同じアラサー独身女性が読めば、共感するところがたくさんあるはずです。悲観的な話を悲観的にするのではなく、軽妙な笑いに変えて中にそっと本音をしのばせる。手慣れたものだと思います。

ただ、何と言いましょうか、ある意味話が上手く行き過ぎて、逆にしらけた気持ちになるのは、私だけのことなんでしょうか。

勿論、「寂れた商店街の活性化」 の話が悪いわけではありません。しかし、それはいつかどこかで聞いたような。貴女でなくても、別の誰かが書く話のような。そん

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました