入手した5冊を紹介する(5)

小説の書評と感想
 最近に入手した5冊を紹介する。Kindle Unlimited本4冊(共にタブレットにダウンロード済み)と、受贈本1冊で、差し当たりの支払いはない。 学研ムック「最新デジタル一眼超入門」。2012年・刊。99ページ。 最近にデジタル一眼カメラを購入したが、初めてなので(フィルム式の一眼カメラの経験あり)、操作方法なども購入したα6300専門のガイド本には詳しくなく、メジャー系のデジタル一眼の入門書としてダウンロードした。 同「同 実践編」。2014年・刊。99ページ。 初めの本の上級編である。学ぶ点があるだろう。 同「同 Q&A」。2014年・刊。99ページ。 なお上記3冊の本の、改訂版、最新版は有料本のみである。 かん吉のブログ本「ブログ・ブランディング」。推定106ページ。2020年3月・刊。 ブログ「わかった」の、2016年~2019年の記事に、現在の感想を加えた本。 僕はこれまで、彼の「人気ブログの作り方」、「ブログ運営×集客×マネタイズ」を読み、このブログに記事アップして来た。 県内にお住まいの詩人、山田清吉さんが、新・日本現代詩文庫「山田清吉詩集」を贈ってくださった。土曜美術出版販売、2020年6月11日・刊。 これまでの生涯の詩集の、全編あるいは抄編と共に、エッセイ、解説、年譜を収める。卒寿を越えられて、集大成を意識するのだろうか。 僕は紙の本を出版する資力がなく、電子本でなりとまとめようと、詩集、歌集、散文集のKDPを目指している。

Source: 小説

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました