「シュレディンガーの猫探し」小林一星 ガガガ文庫

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは小林一星さんの「シュレディンガーの猫探し」です!⚠︎ミステリ要素があるのでネタバレには気を使っていますが、読む際は自己責任でストーリー A内容は、文芸部に所属する芥川くりすの勧めである事件の謎を解くために守明令和は魔女の洋館を訪れる。そこにいたのは「迷宮落としの魔女」を自称する焔螺。紫の髪にオッドアイ、服装も魔女という彼女は事件を迷宮入りさせることを目的に行動していた。令和は妹の弥生が関わる事件を高校生探偵・明智太陽に解かせないために行動を始めるが…事件を解決する名探偵と謎を謎のままにし<神秘>として扱いたい魔女との知恵比べが始まる!とこんな感じです!〜探偵vs魔女〜第14回小学館ライトノベル大賞審査員特別賞受賞作!まず言わせてください…この作品すごく面白いです!あー!もうめっちゃ好き!作者の小林さん絶対ファウスト系の作品好きですよね?ファウストの波動を感じます!好き!こういうの好き!めっちゃ好き!謎を解かせないアンチミステリとでもいうべき最高に面白い作品でした!最高!まずプロローグ。ここ好きポイントですね。主人公の語り、魔女の反応…もうめっちゃ好きですね。これで勝ちを確信しました。物語は三章構成となっていて、一章が密室、二章がクローズドサークル、三章は…シュレディンガーの猫(でいいのでしょうか)?というようなテーマを扱っています。一章でどんな物語を展開していくのかとワクワクしていたら…予想の斜め上すぎて本当に最高でしたね。迷宮落としってそういうこ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました