【書評:1684冊目】内臓脂肪が落ちる究極の食事(マーク・ハイマン)

書評総合
【健康とは食べる物を選ぶことである!】
医学博士/マーク・ハイマン氏が、『内臓脂肪が落ちる究極の食事』と題して、だれもが知りたい食べても太らない方法の答えとなる、高脂質・低糖質の食事法を解説する一冊。
rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="156ac3d8.7dbe6d34.156ac3d9.a3b3ebc6";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="300x160";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1504596303285";
■書籍の紹介文
普段の食事をふり返ってください。
身体が必要とする脂質を、充分に摂取できていますか?
 
本書は、空腹感をもたらし過食することになる因果の流れを説きながら、内臓脂肪を減らす方法として、高脂質・低糖質の食事法を解説する一冊。
 
今までの”常識”では、脂質は悪者でした。
しかし、本書を読み終わる頃には、脂質は悪者ではないことが理解できます。
 
むしろ、身体をつくる上で、そして、内臓脂肪を減らす上で、必要不可欠といえるのです。
このように、研究が進むに連れて、情報はどんどんと更新されていきます。
 
そして、

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました