『二〇世紀「英国」小説の展開』(松柏社) – 著者: 高橋 和久,丹治 愛 – 鴻巣 友季子による書評

書評総合

『二〇世紀「英国」小説の展開』(松柏社) 著者:高橋 和久,丹治 愛
「英国」小説研究者の最新の知見と思索の実りを届けてくれる圧巻の論集
文学を「世紀」で区切ることはできるだろうか。「英国」二十世紀小説に関していえば、可能なのだと思う。二十世紀が始まってきっかり十年、前世代ヴィクトリア朝文学、――とりわけ直前のエドワード朝文学――との鮮烈な転換的訣別が起き、そのムーヴメント自体が、識字率向上に伴うローアート/大衆文学の勃興へのカウンターカルチャーと相まって、モダニズム文学を形成していったからだ。そして、ポストモダン文学は次第に輪郭を失いながら、一九九〇年代まで続いたといえる。本書でいう「英国」とは、アイルランドと、カナダ、インド、南ア、ナイジェリアなどの英国連邦国(≒旧ブッカー賞対象国)を含む。この広大無辺ともいえる地平をゆくには、確かな地図が必要だ。本書の冒頭五十ページに及ぶ高橋和久による概論の、なんと網羅的でありがたいことか。さて、本書の目次に並びに並んだり、「英国」小説を貫き見る十八本の作品論。ジェイムズ「黄金の盃」(垂井泰子)から、コンラッド「シークレット・エージェント」(丹治愛)、フォースター「眺めのいい部屋」(浦野郁)、ロレンス「息子と恋人」(倉田賢一)、フォード・マドックス・フォード「善き兵士」(川本玲子)、C・マンスフィールド「幸福」(侘美真理)、ジョイス「ユリシーズ」(桃尾美佳)、ウルフ「幕間」(片山亜紀)、ウォー「プライズヘッドふたたび」(長島佐恵子)、オーウェル「一九八四年」(河野真太郎)、ドラブル「碾臼」(川崎明子)、ファウルズ「フランス軍中尉の女」(

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました