「邪神官に、ちょろい天使が堕とされる日々」千羽十訊 GA文庫

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは千羽十訊さんの「邪神官に、ちょろい天使が堕とされる日々」です!⚠︎酷評・ネタバレありです。くれぐれも作者の方は読まないようにお願いしますストーリー C内容は、かつて神々の戦争が行われた世界。その戦いで敗れた神々は神格奴隷となり人間に使役されていた。ヤルダバオト教団に所属するギィは本来使役するべき神格奴隷であるチェルシーを着飾らせ、寝食を共にし旅をしていた。そんなある日、教団の英雄であるアウグストの仕事を手伝うことになったギィとチェルシーは予想外の戦いに巻き込まれていき…とこんな感じです。千羽十訊さんの新作。ごめんなさい。not for meってのもありますけど、あらすじとかタイトルとか含めてダメです。以外酷評。まず合わなかった点を列挙・タイトルとあらすじが全く本編にあっていない・帯が微妙・世界観や背景がつかめない・文章が合わない。目が滑る・誰のセリフかわからん・展開が微妙・とってつけたようなラブコメが微妙・主人公にも、ヒロインにも、仲間にも、敵にも魅力を感じないうーん…読み終わった感想は「で?」でした。「で?この作品は何をしたかったん?」バトルやりたいならやればいいじゃないですか。なんで余計なラブコメ未満のヒロインの絡みとか挟むんですか?一緒に寝てれば帯にある「不良神官と彼に甘やかされる天使が紡ぐファンタジー!」になるんですか?なんじゃそりゃ。まぁ、タイトルからしてミスリード決めまくってますよね。なんですかこれ。チェルシーのどこがちょろいんですか?教えてくだ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました