金融世界大戦 第三次大戦はすでに始まっている   ~時代の流れの復習に~

小説の書評と感想
金融世界大戦 第三次大戦はすでに始まっている 著者 田中宇第三次世界大戦がすでに始まっている! ?そもそも世界大戦とは世界覇権を賭けた戦争だ。第一次世界大戦は英国覇権に対して独墺が、第二次世界大戦は英米覇権に対して独(日伊)が挑んだ。今回の大戦は兵器を使った従来の軍事戦争ではなく、ドルと金融システムによる覇権を米国が守るか失うか、中露やEUが覇権を分割するかどうかの金融戦争である。史上最高値を更新するNY株式市場や債権市場は、一見米国の独り勝ちを思わせるが実際は違う。その実態はリーマン危機に始まる金融システムの崩壊を、QEによって辛くも凌いできた結果のバブル経済にすぎない。現在、この米国・ドル覇権を見限る動きが世界各国で始まっている。そしてそれを決定づけたのが、OPECによる原油減産見送りだった…。水面下で火蓋を切った金融世界大戦の主役は?その勝敗は?リーマン危機を超える金融のシステム崩壊とは?大戦後の世界はどうなるか?そして、米国のQEに替わるべく追加金融緩和をしたアベノミクス日本の運命は?国際政治ジャーナリスト田中宇が世界情勢の真相を分析する話題作!【目次】第1章 ドル崩壊が近い!●アメリカ 虚像の好景気●ドル崩壊の兆候第2章 覇権の世界史と「多極化」●世界の根幹にある覇権の変動●覇権の起源:パックス・ブリタニカ●「多極化」で読み解く政治史:1914~第3章 米国金融覇権の時代●レバレッジ型金融革命●金融覇権の仕組み第4章 第三次世界大戦はすでに始まっている●「世界大戦」とは覇権をめぐる戦い●中国と手を組みロシア●BRICの覇権戦略●対米従属に固執する日本●金融世界大戦の

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました